ホーム > 事業紹介 >建築事業部 > 外壁について > 外壁の傷みの症状
外壁の傷みの主な症状

このような症状はありませんか?雨水の侵入、ひび割れは放っておくと、家の寿命に影響します。
外壁は早めのリフォームをおすすめします!お気軽にエコ・ライフにご相談ください。
腐食
早めの対処が必要
腐 食
塗膜剥離からサイディング腐食に進行する場合もあります。腐食面がボロボロになり、サイディング自体を張り替えなければいけません。《腐食とは?》
コーキング
6〜10年位で劣化が進みます
コーキング
劣化が進むと、防水、伸縮といった当初の機能が維持できなくなってきます。建物内部に水がしみ込み、家の寿命を短くしてしまう結果になります。《コーキング切れとは?》
腐食
油断しないでください
ひび割れ
小さなひび割れでも、一度ひび割れた場所は毛細管現象によりジワジワと内部に浸透します。躯体内部に入り込んでしまった場合は、すぐに対処を!
腐食
白っぽい粉がついたら注意
チョーキング
表面を手で触って白っぽい粉がつくようであれば塗膜の寿命です。防水機能が低下し水切れが悪く長い間表面に湿気がこもります。このまま放っておくと、かなりのダメージを受けます。
傷みの出やすい場所

傷みの出やすい場所
点検無料
お問い合わせ