ホーム > 事業紹介 > 不動産事業部> 不動産売却豆知識
不動産売却豆知識
不動産売却豆知識
不動産売却方法は、仲介買取2種類あります。
仲介の場合

不動産会社が物件の購入者を探します。見つかり次第売却。※購入者が見つからない場合もあります。

買取の場合

不動産会社が物件を買い取ります。早期売却が可能。

気になる不動産売却の税金について

不動産の売却には、譲渡所得税・住民税・印紙税・消費税などが課税されるケースが多いですし様々な諸経費も掛かります。売却後の手取額を正確に把握するためには、専門家に確認することが一番の近道です。
仲介豆知識
1. 媒介契約とは?

売却を不動産会社に依頼する場合、お客様と不動産会社が「媒介契約」を結ぶことになります。この媒介契約によって、不動産会社はお客様のご依頼を正式にお受けしたことになります。媒介契約には、専属専任、専任、-般の3タイプがあり、それぞれ次のような特徴があります。
不動産会社の立場 お客様の立場
専属専任
媒介
媒介契約後5日以内に指定流通機構「レインズ」にお客様の物件情報を登録しなければなりません。
お客様に対して、1週間に1度以上の割合で、業務の進行状況を文書で報告しなければなりません。
依頼できるのは一社のみです。必ず依頼した会社を通して、契約を締結しなければなりません
専任媒介 媒介契約後 7日以内に指定流通機構「レインズ」にお客様の物件情報を登録しなければなりません。
お客様に対して、2週間に1度以上の割合で、業務の進行状況を文書で報告しなければなりません。
依頼できるのは一社のみです。必ず依頼した会社を通して、契約を締結しなければなりません。ただし、ご自身で買主様を見つけた場合は、直接契約を行うことも可能です。
一般媒介 法律上定められた義務は特にありません。一般的には指定流通機構「レインズ」へお客様の物件情報の登録を行います。 複数会社に依頼することができます。必ず依頼した会社を通して、契約を締結しなければなりません。ただし、ご自身で買主様を見つけた場合は、直接契約を行うことも可能です。
2. 契約条件調整について

「結局いくらで契約出来るのかな?」売主様にとっては、気にかかるところですが、一概に言えません。買主様との条件調整には次のようなケースがあります。
契約条件調整について
3. ご契約について

買主様が見つかって、契約条件が整いますと、いよいよご契約ということになります。売主として事前に準備しておかなければならないことがあります。
 不動産の登記済権利証の準備(当日、内容を確認します)
 引渡しの日程の調整(買主様に物件の引渡しを行う日を決めます)
 実印の確認
 3ヶ月以内の印鑑証明書の準備(必要な場合)
 住宅ローンの借入残高の確認と担保抹消の準備
 附帯設備表および物件状況等報告書(当社から事前にお渡しします)の確認記入
 共有者がある場合は、その出欠と委任状(共有者の印鑑証明書添付)の手配
 契約場所、日時の確認、印紙代金の準備

4. 仲介でのお引き渡し 当日の流れ

仲介でのお引き渡し当日の流れ
買取豆知識
買取希望の主なケース
 期間や手間をかけず、確実に売却したい。  早く現金が必要な場合。
 仲介で購入者が見つからない。  売却を人に知られたくない。…など
買取での売却の流れ
買取での売却の流れ
無料査定いたします