ホーム > 事業紹介 > 不動産事業部> 不動産購入豆知識
不動産売却豆知識
1 不動産会社の広告に出ている物件は、
すべてがその不動産会社の所有物件という訳ではありません。

むしろ不動産会社の所有物件はぐっと少なく、圧倒的に多いのが売主から仲介の依頼を受けている仲介物件なのです。見分け方は簡単です。物件の広告を良く見てみましょう。広告の中に<仲介>とか<売主>と小さく表記されています。宅建業法でこれらの表示が義務付けられていますので、物件広告には必ず表記されています。
2 仲介物件の場合は、どこの不動産会社からでも購入が出来ます。

A不動産が広告を出している<仲介>物件は、A不動産から購入する事はもちろん出来ますが、B不動産から購入する事も可能です。不動産会社はお互い協力して不動産の流通を促進させる事に努めていますので、どこの不動産会社の<仲介>物件でも他の不動産会社から取扱が可能です。むしろ当社ではこのような取引慣行を好ましい事だと考えています。売主側業者は<売主>様の利益を第一に考え、買主側業者は<買主>様の利益を第一に考える事で、それぞれが顧客の利益を最大限にもたらす事が出来ると考えています。
3 仲介手数料はどこの不動産会社から購入しても同じです。

不動産会社の仲介手数料は売主と買主の間に入る不動産会社が何社であっても「物件価格×3%+6万円」(税別、物件価格400万円以上の場合の上限額)と決っています。もちろんA不動産の広告している<仲介>物件をB不動産から購入しても支払う手数料はB不動産に対しての「物件価格×3%+6万円」(税別)だけです。
仲介手数料について
4 資金計画はしっかり立てましょう。

現在は銀行の住宅ローン貸出競争がかなり激しく(つまり審査は甘くなっています)、ある程度の所得があれば、かなりの金額の融資を受ける事が出来ます。しかし銀行の融資リミットぎりぎりまで融資金を受けて物件購入をするのはかなり危険ですし、資金計画をすべて業者任せにするのは禁物です。お客様のライフスタイルに見合った資金計画を立てないとせっかくのマイホームがただのローン地獄になってしまいます。